港区では依然として出会いが必要である

港区と東京でも、台風は洪水のために大きな被害をもたらしました。

台風とこの港区が「等しい」と見なされるということは、最大限の警戒が依然として必要であることを意味します。

ちなみに、過去に東京で記録された最高日降水量は、狩野川台風が近づいたときのわずか372mmでした。

港区 出会い

この台風はこれを超えると予想されています。

一方、多くの地域、特に港区では強風が吹きます。特に関東と東海では、瞬間最大風速は60mと予想されています。

これは、車が横転して電柱が崩壊するレベルであり、大規模な停電の可能性を排除することはできません。

屋内で吹き飛ばされる可能性のあるものはすべて置いて、建物ができるだけ強化されていることを確認してください。
また、事前に避難場所をよく確認し、いつでも避難できるシステムを確立します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です