港区で私の出会いが変わる

「港区、コーヒーカップは嫌い?

「ああ、私はあなたを憎む。」

「港区コースターはどうですか?]

「私は変わるものを憎む」

「じゃあ、遊園地は地獄だ」

“港区”

「搭乗したことはありますか?]

「すべて一回で済む。将来は乗らない」と語った。

「将来、乗るつもりはないの?」

「ああ、あなたは賭けることができます。」

「もしそうなら、来月までにあなたが回転する何かをしているなら、あなたは夕食を食べるでしょう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です