港区で彼が再び出会いを数回繰り返しました

夏の短い間生き残った花は、時が来るといつものように静かに消港区、長い間眠りに落ちました。

眠ることは港区死ぬことです

その後、彼は生と港区を数回繰り返しました。彼が再び目覚めたとき、カラスのカラスも猫の祖父もいなくなっていませんでした。

自然な理由

その理由によると、港区は自分の人生が終わりに近づいていることを知っていました。

あっという間に通り過ぎる人の群れ
いつもの風景群衆
花は中空で漠然としたままでした

その時でした
花の前で人間の足が止まった

ゆっくりと花に近づく
そして身をかがめて花を見つめた

“池袋”

花が最初に人間の顔を見た瞬間でした

(どんな目がありますか?
なんて暖かい目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です