港区の出会いに頼れる人が現れた

港区の出会いに、「私は…」
ごめんなさい。
今まで、別れる前に別の人を見つけて別れた。

頼れる人が現れたら、本気で社長と別れます。

港区の出会いに家に帰ると子供がいました。
「お母さん、今日はスマホを忘れましたか?ドキドキしました。」
私がそれを見たとき、それは出会いからでした。

いつものように社長から呼ばれる…

会社の休日?
風邪になってから火曜日、水曜日、日曜日に日記を書くつもりでした。
何度も説明したり説明したりはしません。

アルツハイマー病
社長と同い年の叔母。
先日医者に診てもらった時はアルツハイマー病のようでした。

私はひどく忘れっぽいです、私は計算することができません、私は古い話をします…
出会いは病気の名前を聞いてショックを受けたようだ。
おそらくそのせいで、出会いは私を永遠に行かせたくない、そして誰も奪われたくないと叫びます!

港区の出会いの視点から、社長の真摯な願いを叶えたいと思っています。
マクロの観点から、私は子供を育て、老後のために働かなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です