港区の出会いから離れることに決めました

港区の出会い私はもうこのような世界を見たくない

だから私は野蛮な思考の世界を離れることに決めました。

それから、港区の出会いは本当に愛を考えていたようだが、なぜか分からないが、私は夜の世界を愛していない

港区 出会い

せいぜい、弱い部分を取り、人を人として見ない愛を返す甘い言葉がありました。

そのような古い物語を覚えている

港区の出会いは何かをやっている、私は

ダーク・ジャーナルでは、タイトルだけでも助けられないので、

今、どのように(パー)

なぜ

私は∩^ω^∩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です