いっぱい港区で出会いがほしい

いつも行く道なので
港区はそれに慣れていますが

結局のところ、それだけで痛いです

今日は、1日目の手(港区)
3月28日に名古屋にあります(^ O ^)
私は再びそれを見に来た(^ w ^)
小さなドーナツと店がいっぱいの窓。

港区 出会い

狭いテーブルに頬を抱えながら通りを見たいと思っていたので、私は叫んだ。実際にそこに座席はなかった。

港区は小さな頭を傷つけ、太陽は眩しく微笑んだ、とあなたは言った。

私は深い青空に吸い込まれて地平線の遠方まで続くと感じたので、私は思っていませんでした。

それは爪、袋、髪、化粧または衣服ではなかったので、突然 “突然声”と言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です